スポーツ選手の葬儀から学べること

スポーツ選手の葬儀から学べること

ほとばしる汗と観客の歓声。スポーツは多くの人々を技と精神で魅了します。スポーツにはストーリーがあります。そこに筋書きはありませんが、リアルタイムで心に刻み込まれるそのストーリーにファンは一喜一憂し、そしてまたスタジアムなどの戦いの場へ、心の高まりを求めて通い続けるのです。
 
まぶしいスポットライトを浴び続けたアスリートたちにもやがて死は訪れます。
 
芸能人同様、スポーツ選手の葬儀には多くのファンが集まります。格闘家やレーサーなどは、試合中やレース中の事故により命を落とす人もいます。このようなアクシデントはひじょうに痛ましく、悲しいものですが、戦友達が死者へ送る言葉には、気持ちがあふれ、いつも心動かされます。
 
試合中やレース中のけがが原因で突然、この世から旅立ってしまうアスリートもいます。残された仲間やファンは突然、悲しみのどん底へと突き落とされます。あるものは泣き叫び、またあるものは感情を抑えるよう努力しながらも、悲しみとやるせなさに肩を震わせるでしょう。
 
スポーツ選手や芸能人の葬儀における喪主挨拶や弔辞は、一般の葬儀においても立ち振る舞いや心の持ち方という点で、ひじょうに参考になります。
 
死は悲しいものですが、葬儀の際に我々人間が見せる感情は美しく、尊いものです。今回はスポーツ選手の葬儀から学べることをご紹介したいと思います。


東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・兵庫で葬儀・葬式

東京の僧侶派遣

お坊さん派遣 東京

お坊さん派遣 千葉

戒名・戒名授与